アートは祝福です。



純白に、筆を伝って色彩と形が落ちてゆくとき

そこに祈りがあります。



源からストンと・・・そのバイブレーションは

透明なパイプを



インスピレーションというドロップとして

真っ直ぐに通り抜け



表現される必要のある完璧なタイミングで

それとの出逢いを待つ者の元へと、静かに顕れます。



天にある楽園をこの地で再現しようと

あたたかく、やさしく、愛おしく



筆先に灯った祝福の音色たちは

あらゆる色彩の鮮やかさを讃えるため

 

その光を

眩く放ち始めるのです。